2012.05.27 Sunday

英国のティーカップ

 「英国ティーカップの歴史」という楽しい本が出ました!

ふくろうのシリーズは
図版が多くて
綺麗で読み応えがあるので
必ずチェックしています


「レディー・ヴィクトリアン」や
「ガーフレット寮の羊たち」にも登場する
おひげ受けティーカップも載ってます


アーネストのおじいさまの立派な口ひげ


上流階級むけのデコなカップだけでなく
労働者階級が使った素朴なカップなども
見る事ができます



2012.05.10 Thursday

紳士の卵たち・その制服

 

ラフスケッチ

歩く紳士の卵たち

バレバレと思いますが
制服のモデルはイートン校です
(モデルは制服だけではないですが)

実際の1870年代のイートン校は
下級生は制服の上着丈が短いです

20世紀初頭が舞台の「コルセットに翼」で
セディが着ているのも短い上着 ↓


この短い丈の制服は
Bum Freezer と呼ばれておりまして……
つまり
「お尻が凍る」制服

短い上着はやはり寒いんですね

下級生の上着の丈が長くなるのは第1次大戦後

ガーフレット寮の羊たちには
寒い思いをさせたくないという親心?から
丈の長い上着を着せることにいたしました

【追記】
トム・ブラウンの学校生活という、ヴィクトリア時代に書かれた小説には、ある一定の身長を超えたら、上着の丈が長くなるという記述もあります。
年令、または身長によって、一人前の男子と認められる=上着の丈が長くなる という習慣でもあったようです。

女の子のドレスの丈が、15歳ごろにフルレングスに達するのと同じように、男子の服も丈が長くなっていくのでした。




<< | 4/4PAGES |